古いREGZA(32HE1)のデータをサルベージしてみた

HDDがうまく読み込めなくなって、録画したものが見えなくなったので対応を。(もちろん、新しいTVに買い直したんだけれど、悔しいのでその後も延々とサルベージを試した記録です)

最終的には数点の動画をサルベージできたのですが、はまりポイントをいくつか。

■自分のトラブルの状態を把握していなかった。

  • HDDを接続すると、5分ほど読み込み続ける。(HDDランプ点滅)
  • 「新しいUSBハードディスクを検出しました。登録を行いますか?」と出る。
この時点で参考にしたのはこのサイトです。
REGZAがUSB外付けハードディスクを認識しない。HDD故障か?

でも、この参考サイトのケースは一部ファイルの破損のようでした。5分ほど読み込み続け…というのは違う現象をさしていたのです。

引用:
認識されてないというよりは、内部のファイルが壊れてしまっているようで、ハードディスクを一旦取り外して再度接続すると、新規のHDDとして検出されてしまい、初期化を促すメッセージが表示されます。

このケースかなーと思って「REGZA HDD Easy Repair」(下記URL参照)を試したのですが、そもそもディスクを認識しないという結果に。(動くまでには紆余曲折あったんですが、これが後で救いの神に。Ubuntu11じゃないと動かない…わけじゃないだろうとCentos7でやろうとして、Ubuntuのセットアップ形式だったし…と絶望したり、Ubuntu12を入れた後、結局Ubuntu11で動かしたけれど、ディスクを認識しないのであきらめかけました。)

●レグザHDD復旧ソフト「REGZA HDD Easy Repair」の使い方 – レグザREGZA研究

■CentOS7でfdisk -lにて確認したときの画像


■自分のトラブルの原因が判明したけど致命的な操作も

testdiskでregzaのHDDを復旧させるっていうサイトがありまして。
WindowsでREGZAハードディスクのXFSパーティション、Wii WBFSが復旧可能なTestDiskの使い方

この手順では、ディスクに書き込みを行っているのですが、ダメ元だろう…と思って書き込みましたが復旧しませんでした。※これは致命的な失敗が含まれています。しかし、トラブルの原因が分かったのです。


これはtestdiskの処理の一部分ですが、「D」で始まっています。これはHDDの遅延(Delays Detected)を表しています。回転が不足してきたのか、何かが弱っているのか分からないのですが、最初の部分が読み取れない状態だと思われます。

参考はこちらのサイト
HDD regenerator ハードディスクの不良セクタを修復する – PCマスターへの道

ということで、直接修正するタイプのトラブルじゃないんだ…ということに気が付いた次第です。

■データを読んで別記憶媒体に

修正できないけれど、データは読めるかもと思って探したのがこのサイト。電大二部って書いてあるので、僕と同じ大学ですね。ものすごく助かったので、寄付金のお願いが回ってきたら応じようと思いました。(本人に渡したいけれど、さすがに卒業していると思いますし)

錦稜会 KINRYOKAI – ニュース

mountコマンドだけだとエラーが出てしまうけれど、この、リードオンリーでnorecovery でnobarrierなオプション(man にないのによく見つけたのはすごい)でマウントしたら読めました!

引用:
(この時、USBでは速度が遅くなることも考え両方のディスクを裸にし、SATAで直接コンピュータに接続した。もちろん電源を落とし、接続後起動**ここでBUFFALOに一言:ハードディスクのケースの下側の爪が弱すぎる。型番はケースにHD-CL2.0TU2/NとHD−CB2.0TU2/WHとある。2個の爪2台とも壊れた。プラリペアで修理)
再度nobarrierを使ってマウントする

# mount -t xfs /dev/sdd1 /test1 -o ro,norecovery,nobarrier



後は、32GB のUSBメモリを旧REGZAで初期化して、コピー先に仕立て上げて、コピーを。
そして、旧REGZAでDTCP-IPのNASサーバへダビングして完了と行きたいなと、進めました。

■解決法

古いHDDのデータを新しいほうにコピーする方法 参考1
●REGZA USB外付けHDD 録画番組丸ごとコピー完全マニュアル – レグザREGZA研究

基本はこのサイトで書かれている通りにしたらよいのですが、唯一できなかったのがこのコマンドで。

$ sudo xfs_admin -u [古いHDDのデバイス名]


これがエラーになりますというか、testdiskで書き込んでしまったので、無くなっているというか…
もしかしたら、いろいろ試している間に悪化したか。
で、今までの履歴を見ているうちにCentos7でfdiskにて確認したときの画像を見つけまして。
そこにxfsのUUIDが記載されているのを見て…九死に一生を得る経験をした感じです。

古いHDDのデータをコピーする方法の参考2
Regzaの外付けUSBハードディスクに録画されたデータを,より大容量のHDDに移行する方法 | シャルーと申します

あとはこちらのサイトを参考に、3つのファイルがそろっているものをUSBメモリに移し、それが再生できるかを旧REGZAで確かめていました。

しかし、古いHDDから読み出して新しいUSBメモリに移してNASに更にダビングするのに2時間の番組だったら2時間ぐらいかかるっていう…物理的な時間がものすごくかかるので、5時間分ぐらいをサルベージしたら、後はスッパリあきらめることにしました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください