ソース引用部分を見やすくするため、WP-Syntax プラグインのインストール

いい加減、ソースコードの記述にblockquoteを使うのもおかしいと思ってきたので、「wordpress ソース表示」でググって 綺麗に表示するためのプラグインを探してきました。

http://17.pro.tok2.com/~mellow/blog/archives/1208

今では定番と化しているようなWP-Syntaxを入れてみました。 実際、「プラグインの新規追加」からSyntaxで検索すると19ページも出てきますし、 WP-Syntaxの亜種なのか、プラグインにさらに追加するのだかたくさん出てくるので、安心して導入できます。  

 

<pre lang="" line=""> ソース表示したい文書</pre>

でかけるのでとても楽ですね。line はきっと、行番号の開始を自由にできるんじゃないでしょうか。 さっそく今日書いたページを更新してみました。

http://seedslight.com/wp/archives/107

よいですね!検索されやすいページを順次書き換えていきたいと思います。

7/21 追記

<pre lang="text" line="0" escaped="true">

こんな書き方もできるようです。Wordpressのビジュアルモードで書くと、'や”が実体表示になってしまい、<pre>で書いたら見づらくなっていました。

これを使えば問題ないみたいですね。

http://wordpress.org/extend/plugins/wp-syntax/other_notes/

参考リンクです。

下はテストで作ったものです。

        else
        {
                DBexecute("insert into trends (clock,itemid,num,value_min,value_avg,value_max) values (%d," ZBX_FS_UI64 ",%d," ZBX_FS_DBL "," ZBX_FS_DBL "," ZBX_FS_DBL ")",
                        hour,
                        itemid,
                        1,
                        value,
                        value,
                        value);
        }
 
        DBfree_result(result);
 
        return SUCCEED;