Arduino Nano互換製品を使った試作機第三号

Arduino Nano互換製品を使った試作機第三号

・骨組み: タミヤのプラ板、六角スペーサー、大きめのユニバーサル基盤、SG90はユニバーサルプレートで固定。
・制御装置: Arduino Nano互換製品
・RFIDリーダー: RC522チップ
・モーター: SG90
・バッテリー: RAVPower 6700mAh
・USBケーブル: L字のUSB-AとUSB-B miniの組み合わせ。20㎝程度
・アーム: タミヤのユニバーサル金具に手びねりプラスチックで固めたもの

ユニバーサルプレートっていうのはこういうもの
(楽しい工作シリーズ(パーツ) No.172 ユニバーサルプレートL(210×160mm)
こちらを参考にさせていただきました。
電子工作と治具ツールの備忘録: 小型サーボSG90のブラケットを自作するメモ

・横から


・縦から


SG90の個体差なのか、施錠状態だと停止しているはずなのにジージーとモーターの動く音がし続けて、一向にスリープモードにならなかった。
あと、ねじ止めの穴はハンドドリルで開けたんだけれど、微妙な加減でぴったりと行かない位置だったので、無理やりスペーサーを捻じ曲げて止めてある。
色々計算して作ったはずなんだけれど、高すぎたり、部品同士の大きさが合わなかったり。

この時に初めて手びねりプラスチックを使ってみたのだが、お湯で溶かして塗り付けて、ドライヤーで思う形にするっていうところで
結構細かい形はできないものだなと思っていた。でも、後で半田ごてを使って溶かすことにより、細かい補修や接着に使えることが分かった。

■手びねりプラスチック


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です